提携:日立キャピタル、IT機器の包括運用/管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日立キャピタル、IT機器の包括運用/管理サービスを提供


掲載日:2007/10/02


News

 日立キャピタル株式会社は、日立電子サービス株式会社と協業し、中堅中小企業向けに、オフィスIT機器の導入から物件処分までの運用管理代行とファイナンスサービスを包括したサービスを、10月末より提供する。

 今回提供されるサービスは、IT機器のファイナンスに、調達/賃貸借/導入/増設/移設/故障対応/棚卸実査/データ消去/物件処分といった導入から処分までの運用/管理を包括したサービス。IT機器管理者を機器の調達や故障/増設対応などの業務から解放でき、コスト削減とコア業務への集中を図ることができる。IT機器は、日立キャピタルのリース/レンタルなどのファイナンスメニューにより提供されるため、初期投資を抑えることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日立キャピタル」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

クラウド環境の構成管理を自動化――Splunkが「Ansible」導入で得た3つの効果 【レッドハット】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】 「オンプレミス+クラウドを活用、しかも運用負荷は軽減」は現実的か 【ネットワンシステムズ】 サービス品質を見える化する「おもてなし規格認証」で、生産性向上や減税に 【東日本電信電話】 サポート終了後のリスク対策、グローバルに対応可能な保守プロバイダーの選び方 【カーバチュア・ジャパン】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
クラウド環境の構成管理を自動化――Splunkが「Ansible」導入で得た3つの効果 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 急速に変化するビジネス環境に対応するには、オンプレミスやクラウドのITインフラも迅速に変える必要がある。従来の手法を覆すITパートナーによる新サービスを紹介する。 サービス品質を見える化する「おもてなし規格認証」で、生産性向上や減税に サポート終了後のリスク対策、グローバルに対応可能な保守プロバイダーの選び方

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019908


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ