NEC、グリッド技術で信頼性/拡張性等に優れたストレージを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、グリッド技術で信頼性/拡張性等に優れたストレージを出荷


掲載日:2007/09/28


News

 日本電気株式会社は、グリッド技術により、信頼性/拡張性に優れコストを抑えたバックアップ環境を可能とするディスクストレージ「iStorage HS8」を、11月26日より出荷する。価格は、最小構成で2400万円からとなっている。

 「iStorage HS8」は、無停止で容量/性能を拡張できる“自動最適構成”と、容量効率を向上させコストを抑える“重複排除”、信頼性/耐同時障害性を向上する“分散冗長配置”の3つのコアテクノロジを採用したディスクストレージ。“自動最適構成”により、容量追加や性能向上の際、システムを止めずに容量や性能を拡張できるため、導入時の細かな設定作業が不要となるほか、容量増設もストレージノードを接続することで自律的にシステムに組み込まれ、負荷分散やデータの再配置を自動で行なうことができる。

 “重複排除”では、データをブロックに分割し、重複したデータブロックを検出して排除することができる。同一のデータのブロックと差分のみを圧縮して格納することで容量効率を向上でき、バックアップデータ容量を従来ストレージの20分の1以下に抑えることができる。また、“分散冗長配置”では、バックアップデータを複数に分割し、データに特殊な冗長用コードを付加して複数のストレージノードに分散格納することで、ハードウェアの3重障害でもデータの復元が可能となっている。


出荷日・発売日 2007年11月26日 出荷
価格 最小構成:2400万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019881


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ