インテック、インターネットEDI/流通BMS対応の電子証明書を発行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテック、インターネットEDI/流通BMS対応の電子証明書を発行


掲載日:2007/09/27


News

 株式会社インテックは、流通業界におけるインターネットEDIの標準規格“流通ビジネスメッセージ標準”(流通BMS)に対応した電子証明書発行サービス「EINS/PKI+ for EDI」を、10月1日より提供する。

 「EINS/PKI+ for EDI」は、経済産業省の流通システム標準化事業でメッセージ標準とともに規定されたセキュリティ規格(共通認証局 証明書ポリシー)に準拠した、インターネットEDI専用の電子証明書発行サービス。“流通BMS”を導入する企業は、同サービスから提供される電子証明書を各EDIシステムで利用することで、取引間による相互の認証や、通信メッセージへの署名/暗号化といったセキュリティ確保が可能となる。

 “流通BMS”で推奨されている通信プロトコル“ebXML/MS”/“JX手順(SOAP-RPC)”/“EDIINT AS2”に対応しており、通信プロトコル/システム構成に合わせて証明書を選択することができる。EDIサーバ用証明書はFQDN(ホスト名+ドメイン名)単位の発行となり、冗長構成化でも1ライセンスで使用することができる。証明書有効期間は3年で、一般企業に加え個人事業主向けにも発行される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PKI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

「PKI」関連の製品

電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記 【アドビ システムズ】 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】
PKI PKI PKI PKI
電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019857


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ