ブラザー、無線LANと子機を搭載のインクジェット複合機など発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラザー、無線LANと子機を搭載のインクジェット複合機など発売


掲載日:2007/09/27


News

 ブラザー工業株式会社は、インクジェット複合機「マイミーオ」シリーズを9機種に拡大し、無線LANとデジタル子機の両方を搭載した機種などを、10月3日より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 今回発売されるのは、プリンタ/コピー/スキャナ/FAX/PC FAXなどを搭載した「MFC-880CDN/CDWN」/「MFC-870CDN/CDWN」/「MFC-650CD/CDW」/「MFC-480CN」と、プリンタ/コピー/スキャナなどを搭載した「DCP-350C」/「DCP-155C」。「MFC-880CDN/MFC-870CDN/MFC-650CD」は子機を1台、「MFC-880CDWN/MFC-870CDWN/MFC-650CDW」は2台搭載している。「MFC-880CDN/CDWN」/「MFC-870CDN/CDWN」/「MFC-480CN」は有線/無線LANに対応している。また、「DCP-155C」を除く各機種の印字速度は毎分モノクロ30枚/カラー25枚、「DCP-155C」は毎分モノクロ27枚/カラー22枚(いずれもA4)を達成している。

 「MFC-880CDN/CDWN」/「MFC-870CDN/CDWN」は4.2インチワイドビュー液晶を、「MFC-650CD/CDW」/「MFC-480CN」は3.3インチワイドビュー液晶を搭載しており、液晶画面を2分割して選択画面とヘルプ画面を同時に表示できるなど、操作性に優れている。受信したFAXの内容を液晶画面で確認し、必要なもののみ印刷できる“みるだけ受信”や、読み込んだ原稿を液晶画面で確認してからFAX送信できる“みてから送信”にも対応している。また、PC FAX機能により、PC上の書類や画像をアプリケーションから直接FAX送信できるほか、受信したFAXのデータをPCに直接取り込み、PC画面上で内容を確認して必要なもののみ印刷することができる。

 各機種とも、大きさの異なる用紙を同時にセットできるスライドトレイを搭載しているほか、用紙やインクカートリッジなどを本体前面から交換できるフロントオペレーション方式を採用している。「MFC-880CDN/CDWN」/「MFC-480CN」はADF(自動原稿送り装置)を搭載し、一度に10枚までの原稿を自動的に読み込むことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019850


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ