日本BEA、企業IT資産を可視化するメタデータリポジトリを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本BEA、企業IT資産を可視化するメタデータリポジトリを出荷


掲載日:2007/09/26


News

 日本BEAシステムズ株式会社は、企業IT資産を可視化するメタデータ(データに関する事項を記したデータ)リポジトリ製品「BEA AquaLogic Enterprise Repository 3.0」を、出荷した。また、同製品の構築/設計を支援するコンサルティングサービスの提供も、開始した。

 「AquaLogic Enterprise Repository」では、アプリケーションやビジネスプロセス、ポリシーなど、情報システムに存在するIT資産を共通のメタデータリポジトリに格納することで、様々なメタデータや利用しているプロジェクト、次の開発予定などの依存関係を可視化することができる。また、分析やROI(投資回収率)測定機能により、IT資産の再利用によるコスト効果やポリシーの遵守状況を明確化することができる。これにより、SOA(サービス指向アーキテクチャ)やEA(エンタープライズアーキテクチャ)、内部統制プロジェクトの際に策定したIT統制やコンプライアンスなどの価値を向上でき、適切なSOAガバナンスを図ることができる。

 資産の関係と相互依存性をグラフィカルに表示するナビゲーション機能により、ソフトウェア資産ポートフォリオを可視化でき、影響分析を容易に行なうことができる。サービスなどの資産にポリシーを適用し、資産品質の維持と標準準拠を確実に行なうこともできる。また、各種ツールと柔軟に統合でき、ソフトウェア資産やプロジェクトを企業の他のチームと共有することができる。

 コンサルティングサービスでは、同製品を導入するための現状分析を実施し、何をゴールとし、ソフトウェア資産をどのように管理するのかを計画/設計する「AquaLogic Enterprise Repository設計支援サービス」と、同製品を利用した資産管理基盤の構築を、製品のセットアップからコンフィグレーション、初期データの投入、運用ルールの策定まで支援する「AquaLogic Enterprise Repository構築支援サービス」が用意されている。


出荷日・発売日 2007年9月21日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 レンタルPCの管理業務を3分の1に――事例に学ぶサービス選び 【ディーアールエス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 膨大なレンタルPC2000台以上の運用管理――情シスはどう解決したか【事例】

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019833


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ