SEI、Ajaxなどを組み込んだJava開発フレームワークの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、Ajaxなどを組み込んだJava開発フレームワークの新版を発売


掲載日:2007/09/20


News

 住友電工情報システム株式会社は、双方向性や参加型を特長とするWebシステム/要素技術を企業内システムに応用する“エンタープライズ2.0”に対応した部品を組み込んだJava開発フレームワーク「楽々FrameworkII バージョン4.3」を、発売した。

 「楽々FrameworkII」は、業務系Webシステムの開発期間とコストの削減を可能とするJava開発フレームワーク。複雑な処理を行なう業務コンポーネントにより、ノンプログラミングで業務処理の大部分を稼働できるため、プログラム設計工数を圧縮させることができる。また、DB設計完了後、直ちに試作プログラムを自動生成し稼働できるため、Javaでそのままシステムを構築する場合に比べ時間を短縮しながら、品質に優れたプログラムを作成可能となる。今回のバージョンでは、“エンタープライズ2.0”の要素技術のうち、Ajax技術と全文検索技術を適用したプログラム部品が組み込まれ、利用者にとって使い勝手に優れた基幹システムを容易に構築することができる。

 Ajaxの適用により、リッチクライアントと同等なWeb操作を可能とする“ダイナミック・プレゼンテーション”部品が追加され、利用者自身が画面をカスタマイズ可能となり、業務画面の操作性と自由度を向上したシステムを容易に構築することができる。また、オプションで、同社の全文検索エンジン「QuickSolution」のコア技術を使用し、業務システム内のデータを広範囲にあいまい検索する“ハイパー全文検索”部品が用意されている。これにより、長いテキスト文字列からの全文検索や、あいまい検索の機能を持つ業務システムを容易に構築可能となった。

 外部連携機能「RakConnect」シリーズでは、オープンソースの帳票ツール「JasperReports」との連携機能“RakConnect for JasperReports”が追加された。「JasperReports」は、専用のデザイナが提供されている帳票ツールで、PDFやExcel、プリンタの直接出力、バーコード、グラフ、画像、計算式のサポートなどの機能を備えている。


出荷日・発売日 2007年9月19日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019785


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ