NECなど、ISO標準の通信による無線温湿度センサシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、ISO標準の通信による無線温湿度センサシステムを発売


掲載日:2007/09/14


News

 日本電気株式会社とNECエンジニアリング株式会社は、ビルオートメーション用データ通信プロトコルにISO標準規格の“BACnet/IP”を採用した「無線温湿度センサーシステム」を、発売した。価格は、90万円からとなっている。

 「無線温湿度センサーシステム」は、無線温湿度センサ/アンテナ装置/“BACnet”ゲートウェイで構成されたシステム。7cm×7cm×3.5cmと小型のセンサをオフィスや店舗の壁/パーティションなどに取り付け、各センサが計測した室温/湿度を無線で、各部屋やフロアに設置したアンテナに送信し、空調管理などのビルオートメーションシステムと連携することができる。

 センサとアンテナ部は最大70m、アンテナ部と“BACnet”ゲートウェイは最大50m離して設置できるほか、1つのアンテナ部に最大20台のセンサを接続できるため、広い建物でも多数のセンサを少ないアンテナで接続/計測することができる。また、センサの取り付けはビスとマグネットの2種類が用意されており、容易に移設/増設できるほか、無線のため場所を問わず取り付けでき、オフィス/店舗などのスペース設計や変更に柔軟に対応することができる。スペース内に複数設置することで一部の空間のみの温湿度を調節するなど、緻密な管理も可能となる。

 “BACnet/IP”を採用したことで、専用ソフトウェアの開発が不要で、様々なメーカーの空調管理/計測システムと連動させることができる。また、ZigBee(無線センサネットワークの国際規格)で使用されている国際標準通信規格IEEE802.15.4に準拠しているため、今後ZigBee規格を適用することで対応機器や適用範囲を拡大することもできる。センサは単3アルカリ乾電池2本で約1年以上の動作が可能となっている。


出荷日・発売日 2007年9月12日 発売
価格 90万円〜

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019745


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ