富士通、認証サーバが不要な手のひら静脈認証装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、認証サーバが不要な手のひら静脈認証装置を出荷


掲載日:2007/09/13


News

 富士通株式会社と富士通フロンテック株式会社は、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」のPCログインキットを開発し、マウスタイプとスタンダードタイプの2種類を、10月初旬より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「PalmSecure」は、利用者への負担を抑えた手のひら静脈認証装置。今回出荷されるPCログインキットは、手のひら静脈認証技術を容易に、価格を抑えて導入可能とする。標準添付のPCログイン認証ソフトウェアをPCにインストールし、手のひら静脈認証装置を接続することで、認証サーバを使用せずにPC単体で認証可能となる。ID/パスワードの入力を省略し、手をかざすことで本人認証が可能で、PCや各アプリケーションにログインすることができる。

 登録した手のひら静脈の情報は、複数のアプリケーションに利用することができる。また、“手のひらガイド”(手首と指を乗せる置き台)なしでの認証スピードや、装置に手をかざす際の距離/角度の許容度などが向上している。マウスタイプでは、マウスの中に静脈センサを内蔵しており、既存のマウスと交換してそのまま利用することができる。本体色は、両タイプともブラック/ホワイト/グレーが用意されている。

(写真:手のひら静脈認証PCログインキット スタンダードタイプ)



出荷日・発売日 2007年10月上旬 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019720


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ