ボーランド、Java開発効率など強化するEclipseプラグインを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ボーランド、Java開発効率など強化するEclipseプラグインを発売


掲載日:2007/09/12


News

 ボーランド株式会社は、オープンソース開発プラットフォーム「Eclipse」ベースの開発環境の開発効率と生産性を強化するプラグインツール「JGear」を、発売した。

 「JGear」は、Eclipseベースの統合開発環境でカバーされていない、Javaアプリケーションのパフォーマンス問題の分析や、UML(統一モデリング言語)によるビジュアル開発、チームコラボレーションといった3つの分野を支援するプラグイン製品。製品ラインアップには、パフォーマンスプロファイリング/デバッグツール「JGear Performance」と、Eclipse向けのグラフィカルJava開発ツール「JGear LiveSource」、チームコラボレーションのクライアント機能「JGear Team Client」、プロジェクト管理機能を一元化する「JGear Team Server」が用意されている。

 「JGear Performance」は、Javaのパフォーマンス問題に対処するためのプロファイリング/デバッグ機能を提供し、CPUやメモリに関連したパフォーマンス問題をビジュアルに確認可能とする。また、メモリリークの可能性のある個所を自動検出する“AMLD”(Automatic Memory Leak Detector)や、VM(仮想マシン)内で実行されるすべてのスレッドの状態をリアルタイムに表示する“Thread Debugger”などが搭載されている。「JGear LiveSource」は、単純なRAD(Rapid Application Development)スタイルでのJEE(Java Enterprise Edition)開発が可能な、グラフィカルEJB(Enterprise JavaBeans)ワークベンチとWebサービスデザイナを提供する。コードとモデル図のリアルタイム同期を可能とした“LiveSourceテクノロジー”を採用し、アーキテクチャの変更や実装の変更に対して強いシステム開発が可能となっている。

 「JGear Team Client」は、開発者にプロジェクトチーム共通のポータルを提供し、役割に応じたビューから、プロジェクトチームの情報をリアルタイムで共有可能とする。また、「JGear Team Server」では、コラボレーションサーバ機能を提供し、複数のプロジェクト管理サーバを一元管理できる“ProjectAssist”によって、プロジェクト開始時の作業を軽減する。


出荷日・発売日 2007年9月11日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019708


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ