日本HP、ブレードシステムでCO2削減率に応じた月額料割引を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ブレードシステムでCO2削減率に応じた月額料割引を提供


掲載日:2007/09/11


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ブレードシステム「HP BladeSystem c-Class」に搭載可能なサーバブレード「HP ProLiant BL」ラインを対象に、CO2(地球温暖化ガス)削減率に応じて月額料金を割り引くファイナンスプログラム「HP BladeSystem 従量課金サービス CO2削減インセンティブプログラム」の提供を、開始した。

 「HP BladeSystem 従量課金サービス CO2削減インセンティブプログラム」は、サーバの負荷に応じてCPUのクロック数を調整し、消費電力/発熱量を抑制する機能“ダイナミックパワーセービングモード”の利用により、システムの稼働量に応じて節電することを前提とした従量課金型ファイナンスサービス。同社は従来から、実際のシステムの構成ではなくユーザが使用した(電源を投入した)サーバの台数を1日ごとに集計してリース料を計算する従量課金サービスを提供しており、今回のサービスはこれを拡張している。

 同社のサーバに標準添付された管理ツール“HP Systems Insight Manager”と組み合わせて使用する、サーバの消費電力量を監視/管理できる“HP Insight Power Manager”を使用し、“ダイナミックパワーセービングモード”利用中のサーバの実際の消費電力量と通常モード時の推定消費電力量を比較する。算出された“推定節電量”から排出CO2削減量を推計し、その比率に応じて、月額基本料金と従量課金料金のうち従量課金部分を割り引く。6%のCO2削減率で30%の割引が適用される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019697


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ