NEC、クアッドコアなどを最大4個搭載できるCPUブレードを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、クアッドコアなどを最大4個搭載できるCPUブレードを出荷


掲載日:2007/09/06


News

 日本電気株式会社は、ブレードシステム「SIGMABLADE」で、クアッドコアXeonプロセッサE7340(2.4GHz)またはデュアルコアXeonプロセッサE7220(2.93GHz)を最大4個搭載できるCPUブレード「Express5800/140Ba-10」を、出荷した。

 「Express5800/140Ba-10」では、2.5インチSAS(Serial Attached SCSI)対応HDDを4台まで搭載でき、RAID構成での出荷も可能で信頼性に優れている。メモリは最大64GB搭載でき、メモリの2重化(ミラーリング)にも対応している。また、ブレード収納ユニット「SIGMABLADE-H」内に4wayブレードに加え2wayブレードの収納が可能となることで、現行システムに比べ約3分の2の省スペース性を達成している。更に2wayブレードに加え4wayブレードも挿抜可能となり、保守メンテナンス性が向上している。


出荷日・発売日 2007年9月5日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019656


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ