事例:ネポン、「QAD2007」により日本版SOX法対応のIT統制を確立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ネポン、「QAD2007」により日本版SOX法対応のIT統制を確立


掲載日:2007/09/03


News

 キュー・エー・ディー・ジャパン・インクは、施設園芸用暖房機器を製造/販売するネポン株式会社が、QADジャパンの製造業向けERPパッケージ「QAD Enterprise Applications 2007」を全19ヵ所の拠点で導入し、日本版SOX法で求められるIT統制を確立させ、安定稼働していると、発表した。

 ネポンでは従来、各部門で異なるシステムを使用していたため、営業部門と工場側で製品構成情報の品番のルールが統一されておらず、滞留在庫/過剰在庫が発生していた。また、承認プロセスが統一されていないなど内部統制上での問題点があり、全社的なシステムの刷新/統一化、システム的な購買連携が必要とされていた。「QAD2007」は、システムの保守/管理のランニングコストを抑えられるほか、ソフトウェアの設定や設計を調整して容易にアドオン開発やデータの取り出しが可能となることから、今回の採用に至った。

 「QAD2007」導入により、部門ごとに異なる製品/部品群の品番データをシステム的に統一し、温風暖房機などの製品では、従来は1ヵ月かかっていた受注から納品までの期間を2週間以内に短縮し、簡易水洗トイレなどの製品は2日から当日出荷へ短縮した。製品の品番が統一されたことで、在庫情報をより正確に管理可能となり、倉庫代として約20%の経費を削減できたほか、在庫を含めたトータルのコストでは約10%の削減が可能となった。

 また、営業部門と工場間で製品構成のルールを統一化するなどの業務改革により、営業から調達/生産/納品までの生産管理システムとの連携を図り、業務フローパターンをすべて一本化し、各部門で生産性が向上した。システムを刷新するに伴い、新たな承認プロセスが確立したことで、工事案件の処理方法やどの顧客へ何を納品したかなどの、より詳細な処理が可能となり、日本版SOX法に対応したIT統制の基盤を構築することができた。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 Plaza-i:輸出入貿易商社向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】 グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術 【インフォアジャパン】 中堅・中小企業向けERP SAP Business One 【SAPジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
輸出入・為替予約管理、案件別採算管理、ロット・シリアル等多様な在庫管理、複数拠点の複雑な物流が必要な専門商社業務に最適なERPパッケージ。【直販のみ】 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。 モノづくりで設備がダウンしてしまったら大きな損害だ。それを回避するために設備資産の管理・保全をする必要があるが、効率的に進めるにはどうすればいいのだろうか。 会計管理から、顧客管理、購買管理、サービス、生産管理、プロジェクト管理まで、主要な業務プロセスの合理化・効率化を低価格かつ簡単な操作で実現できるクラウド型ERP。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019607


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ