I-Oデータ、「LANDISK Tera」の状況を表示する液晶ユニット出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、「LANDISK Tera」の状況を表示する液晶ユニット出荷


掲載日:2007/09/03


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、NAS製品「LANDISK Tera」の状況を表示する専用液晶ユニット「HDL-GT/LCD」を、9月中旬より出荷する。価格は、1万8900円となっている。

 「HDL-GT/LCD」は、「LANDISK Tera」(「HDL-GT/GTR」シリーズ)のUSBポートに接続することで、バスパワーで動作し、“LANDISKの名前”やIPアドレス、ディスク空き容量、RAID状態の変化などを日本語で表示する液晶ユニット。ディスプレイ下にある4つのボタンを操作することで、接続した「LANDISK Tera」のIPアドレスを設定することもできる。電源は「LANDISK Tera」の電源オン/オフに連動するため、切り忘れを防止することができる。


出荷日・発売日 2007年9月中旬 出荷
価格 1万8900円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019598


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ