日本HP、デュアルコアプロセッサ搭載のブレードPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、デュアルコアプロセッサ搭載のブレードPCを発売


掲載日:2007/08/31


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、デュアルコアのAthlon 64 X2 3000+プロセッサを採用し、処理性能を強化したブレードPCの最上位機種「HP bc2500 Blade PC」を、発売した。また、ブレードPCやブレードワークステーションの管理ソフトウェア「HP Session Allocation Manager」(HP SAM)を、機能拡張した。

 「HP bc2500」は、クライアント統合ソリューション「HP RCS」(HP Remote Client Solution)の核となるブレードPCの最上位機種。デュアルコアプロセッサであるAthlon 64 X2 3000+を搭載し、処理速度を向上したほか、メモリは標準で2GB搭載している。OSはWindows Vista Businessを標準搭載し、Windows XP Professional対応のドライバも用意されているため、Vista/XPの混在環境で利用することもできる。「HP RCS」では、ログインするブレードPCの接続先を即座に変更でき、Windows Vistaへの段階的移行も可能となる。

 「HP SAM」は、シンクライアントからブレードPCやブレードワークステーションへのアクセスを管理し、仮想化機能を提供するソフトウェア。ユーザ名をキーとして接続先のブレードPCの自動割り当てを行なう“ダイナミック・アロケーション”や、1度切断したセッション情報を保持して同じブレードPCへの再接続を可能とする“フォローミーローミング”などのデスクトップ仮想化の機能を備えている。今回機能拡張された「HP SAMv2.1」では、Windows Vistaやマルチディスプレイに対応したほか、3Dグラフィックスアプリケーションの画面を円滑に共有/閲覧/操作できるリモートアクセスソフトウェア「HP RGS」などに対応した。

 シンクライアントのオプション設定は一元管理が可能で、シンクライアントにブレードPCとの接続以外の操作を不可能とする“キオスクモード”にも対応している。また、事前にセットアップやラッキングを行なってから出荷するサービス「HP Factory Express」のブレードPC/ブレードワークステーションへの対応も開始された。


出荷日・発売日 2007年8月30日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019592


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ