東芝、Windows Vista搭載PCから操作できるプロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、Windows Vista搭載PCから操作できるプロジェクタを発売


掲載日:2007/08/31


News

 株式会社東芝は、短焦点レンズを使用し、Windows Vistaネットワークに対応したデータプロジェクタ「TDP-EW25」/「TDP-EX20」を、9月20日より順次発売する。

 「TDP-EW25」は解像度WXGA(1280×800ドット)で輝度2600ルーメン、「TDP-EX20」はXGA(1024×768ドット)で2300ルーメンのデータプロジェクタ。「EW25」は投写距離1.2mで、「EX20」は1.5mで100インチ画面への投写が可能となっている。Windows Embedded CE 6.0が組み込まれており、Windows Vistaに標準搭載されている“ネットワークプロジェクタ”に対応しているため、RGBケーブルや難しいネットワーク設定なしでWindows Vista搭載PCから操作することができる。

 IEEE802.11b/g準拠の無線LAN用モジュールを内蔵しているほか、有線LANや、PCからのRGB信号などを接続するミニD-Sub、ビデオ/Sビデオといった入出力端子を装備している。JPEGやMPEG1/MPEG2(PS形式)ファイルを映像として投写するためのUSB端子も設けられている。また、使用後にランプの冷却を待たず、直ちに電源プラグを抜くことができる。特定化学物質の含有表示制度“J-Moss”に対応し、対象6物質を全廃している。なお価格は、「EW25」が44万9400円、「EX20」が38万6400円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「EW25」:44万9400円/「EX20」:38万6400円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019586


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ