dit、パスワード総当りからサーバを守るルールセットを無償配布

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、パスワード総当りからサーバを守るルールセットを無償配布


掲載日:2007/08/29


News

 株式会社ディアイティは、Linuxサーバへのブルートフォース攻撃(パスワード総当り攻撃)を自動的に遮断できるルールセット「ブルートフォース防御ルールセット」を、8月31日より無償配布する。

 「ブルートフォース防御ルールセット」は、SSH(Secure SHell)/Telnet/FTPを使用しているサーバを防御できるルールセット。ブルートフォース攻撃と認められるアクセスが発生した際、Linuxサーバのファイアウォール機能に、送信元アドレスからの通信を一定時間遮断するルールを自動的に設定することができる。カーネル機能を利用しているため、特別なプロセスやドライバが不要で、他のアプリケーションの動作への影響を抑えることができる。カーネル機能をルールセットから操作するため動作の安定性にも優れている。

 ルールセットを編集することで、管理者がセキュリティ対策の強化や項目を任意に追加することができる。有償オプションで、カントリーコード特定による防御も可能となっている。これらにより、パスワード解析を防止して情報流出を防御できるほか、不正アクセスをネットワークレベルで遮断でき、サーバへの負荷を軽減することができる。また、ログから不正アクセスの頻度を解析できるため、セキュリティ対策の判断材料として利用することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019548


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ