日本オラクル、中堅/中小企業向けBI製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、中堅/中小企業向けBI製品を出荷


掲載日:2007/08/24


News

 日本オラクル株式会社は、中堅/中小企業向けBIツールと同社DBのパッケージ製品「Oracle Business Intelligence Standard Edition One」(Oracle Business Intelligence SE One)を、9月11日より出荷する。価格は、1ユーザで12万5000円となっている。

 「Oracle Business Intelligence SE One」は、インタラクティブダッシュボード、定型レポーティング、アドホッククエリと分析、ETL(抽出/変換/ロード)技術といった中堅/中小企業のためのBIの中核機能と、同社DBを単一パッケージにまとめた製品。様々なドキュメント/レポートを生成できる「Oracle Business Intelligence Publisher」や、アドホックレポーティングと解析のためのツール「Oracle Business Intelligence Answers」、インタラクティブWebダッシュボードを提供する「Oracle Business Intelligence Interactive Dashboards」がコンポーネントとして統合されている。

 更に、「Oracle Business Intelligence SE One」の全エンドユーザーツールをサポートする統合インフラストラクチャ「Oracle Business Intelligence Server」や、DB「Oracle Database 10g Standard Edition One」、ETLツール「Oracle Warehouse Builder 10g core ETL」も統合されている。


出荷日・発売日 2007年9月11日 出荷
価格 1ユーザ:12万5000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 現代のビジネスを勝ち抜くために必要なモダン分析プラットフォームの構成要素 【Tableau Japan】 「スピード」と「使い勝手」に優れたBIツールが企業にもたらすメリットとは 【Tableau Japan】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 【Tableau Japan】
BI BI BI BI BI
導入企業1200社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 現代のビジネスを勝ち抜くために必要なモダン分析プラットフォームの構成要素 「スピード」と「使い勝手」に優れたBIツールが企業にもたらすメリットとは 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019518


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ