NEC、設置面積を半減した中小型基幹業務サーバ13機種などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、設置面積を半減した中小型基幹業務サーバ13機種などを発売


掲載日:2007/08/24


News

 日本電気株式会社は、基幹業務サーバ“ACOS”シリーズ「i-PX9000」で、設置面積を半減し、消費電力を約20%低減した中小型機「i-PX9000モデルS200」13機種を、発売した。

 「i-PX9000/S200」は、デュアルコアItanium 2プロセッサ9000番台を搭載した基幹業務サーバ。障害発生時にも命令リトライや他の正常なCPUに処理を引き継ぎ運用を継続させるプロセッサリリーフなどが可能で、堅牢性に優れたシステムを構築することができる。また、“マルチOS機能”により、「ACOS-4/VX」に加え「HP-UX 11iv2」/「Red Hat Enterprise Linux v4」/「Windows Server 2003」の中から選択して搭載できるほか、「ACOS-4/VX」を複数搭載する“論理分割機能”も備えている。「ACOS」内へのオープンOS開発環境の構築や、段階的なシステムの移行を可能とするなど、ユーザニーズに合わせた柔軟なシステム構築が可能となっている。

 また同社は、「i-PX9000」シリーズ用の中小型ストレージで、遠隔バックアップ運用への対応など災害対策を強化した「iStorage A2600」も、発売した。災害対策ソリューションとしてリモートデータレプリケーションが提供され、用途により同期/非同期のデータ転送モードを選択し、遠隔地のディスクアレイ装置間でレプリケーション運用を行なうことができる。毎秒400MBのデータ転送が可能なほか、電源/キャッシュメモリ/アレイコントローラなどが冗長化されており、可用性に優れている。同ストレージを含む「iStorage」シリーズディスクアレイ装置の構成/性能/障害を一元管理できる「WebSAM iStorage Manager」も利用することができる。


出荷日・発売日 2007年8月23日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019516


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ