NEC、HDD容量が3TB/2TB/1TBの1uラック型NASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、HDD容量が3TB/2TB/1TBの1uラック型NASを出荷


掲載日:2007/08/24


News

 日本電気株式会社は、高さ1u(44.45mm)と薄型のラック型NAS製品「iStorage NS250」を、9月10日より出荷する。

 「iStorage NS250」は、幅425mm×奥行き597mm×高さ42mmと省スペース/薄型のNAS。既存ネットワーク環境を変更せずに追加導入することができる。Pentium 4プロセッサ651(3.40GHz)と、512MB(最大4GB)のメモリを搭載し、Windows Storage Server 2003 R2がプリインストールされている。なお価格は、HDD容量が3TB(750GB×4)のモデルが59万8000円、2TB(500GB×4)のモデルが52万8000円、1TB(250GB×4)のモデルが39万8000円となっている。


出荷日・発売日 2007年9月10日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
適切に管理し活用する「データレイク」とは? SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019513


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ