SAPジャパン、基幹業務ソフトの拡張パッケージ第2弾を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、基幹業務ソフトの拡張パッケージ第2弾を提供


掲載日:2007/08/09


News

 SAPジャパン株式会社は、基幹業務ソフトウェア「SAP ERP6.0」の機能を拡張するための拡張パッケージ「SAP enhancement packages for SAP ERP 6.0」第2弾の提供を、開始した。

 「SAP ERP」拡張パッケージは、業種共通/業種特化型の機能拡張や、業務プロセス/ユーザインターフェースの簡素化、新たなエンタープライズサービス機能などを、本番稼働中システムへの中断を抑えながら容易に導入することができる。今回提供される第2弾では、エンタープライズSOA(サービス指向アーキテクチャ)が提供する柔軟性により、既存のコアとなるERP機能の安定稼働を保持しながら新機能を導入することができる。ユーザはビジネス要件に応じて、必要な機能を選択して適用することができる。

 バンドルされているエンタープライズサービスにより、顧客情報/受注情報へのアクセスの改善や、請求書/支払い処理の効率化、売掛金/入出金管理の可視性の改善が可能となり、受注から入金までの業務プロセスの簡素化を図ることができる。また、「SAP ERP」に含まれる各コアアプリケーションも拡張パッケージによって機能強化されている。業種に特化したエンドツーエンドの業務プロセスについても、機能拡張を提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

クラウド型ERPソリューションは、レガシーERPが抱える課題を解決するか? 【日本マイクロソフト】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【日本オラクル】 迅速・低コストで収益改善を実現するクラウド型ERP、導入に成功する企業とは 【SAPジャパン】 2025年では遅い――2018年から備えたいSAP S/4HANA移行 【三菱ケミカルシステム】
ERP ERP ERP ERP ERP
クラウド型ERPソリューションは、レガシーERPが抱える課題を解決するか? 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 迅速・低コストで収益改善を実現するクラウド型ERP、導入に成功する企業とは 2025年では遅い――2018年から備えたいSAP S/4HANA移行

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019417


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ