EMCジャパン、仮想サーバ環境向けSRMソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、仮想サーバ環境向けSRMソフトの新版を提供


掲載日:2007/08/08


News

 EMCジャパン株式会社は、SRM(ストレージリソース管理)ソフトウェアの新バージョン「EMC ControlCenter 6.0」を、8月17日より提供する。価格は、112万1900円からとなっている。

 「EMC ControlCenter 6.0」は、仮想サーバ環境向けに提供されるSRMソリューション。仮想化された論理サーバがストレージのどのボリュームを使用しているかをエンドツーエンドで管理可能とし、仮想サーバ環境と物理サーバ環境でのストレージの検出や問題管理、変更管理、レポート作成を可能とする。「VMware Infrastructure 3」に関する広範なサポートを提供し、「VMware」仮想環境とストレージリソースの管理性を向上することができる。

 「VMware ESX Server」ホストから物理アレイデバイスへのエンドツーエンドのストレージリレーションシップ情報を提供し、「VirtualCenter」を補完して「VMware ESX Server」ホストとそれに対応する仮想マシンのプロパティ/容量/使用率に関する情報を表示する。これにより、個々の「VMware ESX Server」ゲストのゲスト名とOSバージョン、IPアドレスなどを検出するほか、仮想ディスクファイルと各仮想マシンゲストにマッピングされたrawストレージデバイスの容量をレポートすることができる。

 カスタムレポートを柔軟に作成する機能も向上しており、複数の新たなレポート作成方式を導入したことで、検出された様々なデータに効率的にアクセスし、特定のビジネス要件に応じてカスタマイズ可能となった。また、異機種混在プラットフォームのサポートを拡張し、株式会社日立製作所製ストレージアレイに対するアクティブな管理機能を拡張したほか、SNIA-CTP(SNIA Conformance Test Program)にパスしたSMI-S 1.1準拠ストレージプラットフォームを複数ベンダにわたってサポートしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 112万1900円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019406


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ