EMCジャパン、低使用頻度ファイルを自動アーカイブする製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、低使用頻度ファイルを自動アーカイブする製品出荷


掲載日:2007/08/08


News

 EMCジャパン株式会社は、ポリシーに基づき使用頻度の低い非アクティブファイルを自動的に検出し、アーカイブすることで、TCOの削減やバックアップ/リカバリの効率化などを可能とするアプライアンス「EMC Rainfinity File Management Appliance(FMA)」を、9月1日より出荷する。価格は、490万8750円(税込)からとなっている。

 「Rainfinity FMA」は、ユーザが設定したポリシーに従い、異機種NAS階層ストレージ間や、NASからCAS(コンテンツアドレスストレージ)「EMC Centera」などへの自動ファイルアーカイブを可能とするアプライアンス。透過的にアーカイブでき、アーカイブされたファイルもアーカイブ前と変わらず通常通りアクセスすることができる。ファイル管理ポリシー設定のためのウィザードも用意されている。

 ファイルの格納場所/日付属性/サイズ/名前などを基にアーカイブ対象ファイルを決定するポリシーを柔軟に設定することができる。ファイルアーカイブ後の効果を事前に確認するためのプレビューモードも備えている。また、「Network Appliance」/「EMC Celerra」/「EMC Centera」など異機種ストレージ間でのアクティブアーカイブをサポートし、スタブファイル消失時でも「FMA」のDBファイルから再構成が可能となっている。

 様々なエンタープライズファイルコンテンツを最適化するように設計された総合的なファイル仮想化ソリューション「EMC Rainfinity Global File Virtualization(GFV)」の主要なコンポーネントでもあり、「FMA」を導入した後「GFV」にアップグレードすることもできる。


出荷日・発売日 2007年9月1日 出荷
価格 490万8750円(税込)〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 意外に知られていない…ハイパーコンバージドのバックアップ事情 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019405


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ