EMCジャパン、容量あたりの消費電力を削減したCAS新版などを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、容量あたりの消費電力を削減したCAS新版などを提供


掲載日:2007/08/08


News

 EMCジャパン株式会社は、CAS(コンテンツアドレスストレージ)システムの新版「EMC Centera 第4世代 LP(低電力)ノード」と、ストレージオペレーティング環境「EMC CentraStar V3.1 SP3」の提供を、開始した。

 「Centera第4世代LPノード」は、電力効率に優れた設計を採用しているほか、750GBのSATA(シリアルATA)ディスクドライブをサポートし、ノード全体の消費電力がテラバイトあたり67%削減されている。消費電力コストと冷却コストを削減し、アーカイブされたメールやドキュメントなどのオンラインデジタルフィックスコンテンツの、セキュリティと可用性の向上を可能とする。

 また、新OS「EMC CentraStar V3.1 SP3」により、認証やシステムログ、監査機能のレベルが向上され、システムにアクセスしているユーザやアクセスを試みているユーザに関する詳細なレポートが管理者に提供される。「EMC Centera 第4世代LPノード」と「EMC CentraStar V3.1 SP3」は、既存の「Centera」クラスタに組み込むことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

“匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】 I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】 アイドルグループの映像制作、快適なマルチカム編集を支えるストレージの実力は 【日本アイ・ビー・エム】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
もはや“匠の技”は必要ない? 次世代インフラに最適なストレージ運用とは オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは アイドルグループの映像制作、快適なマルチカム編集を支えるストレージの実力は

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019404


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ