富士通BSC、高速オンメモリDBにCPUコアライセンス体系などを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通BSC、高速オンメモリDBにCPUコアライセンス体系などを導入


掲載日:2007/08/06


News

 株式会社富士通ビー・エス・シーは、高速オンメモリDB製品「Oh-Pa 1/3 Data Server」に、新製品体系を導入するほか、対応プラットフォームにXeonプロセッサを追加し、8月上旬より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「Oh-Pa 1/3 Data Server」は、64ビットの基幹サーバに搭載される大容量メモリを効率的に利用するためのアーキテクチャに基づくオンメモリDB。リレーショナルDBを補完し、大規模データの一括処理の高速化を可能とする。複数の処理を一括してメモリ上で行なうことができるため、中間ファイルも不要となり、バッチ処理全体の簡素化が可能となる。

 専用のGUI製品「Oh-Pa 1/3 Data Analyzer」を使用することで、GUIベースでリアルタイムに大規模データを迅速に加工/編集することができる。GUIでの操作内容はすべてマクロとして記録され、記録されたマクロをバッチプログラムとして利用できるため、開発期間の短縮やテスト工程からの手戻りリスクの軽減を図ることができる。ユーザアプリケーションとの連携を可能とする様々なAPI(Application Program Interface)も提供される。

 今回導入される新製品体系では、「Oh-Pa 1/3 Data Server」がインストールされるハードウェアのCPUコア数に応じたモデルが用意されており、ニーズの規模に応じた段階的な導入が可能となる。対応プラットフォームでは、信頼性に優れたItanium 2プロセッサに加え、Xeonプロセッサが追加され、業務サーバ/部門サーバなど様々な分野や用途で容易に導入可能となった。


出荷日・発売日 2007年8月上旬 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019374


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ