日本HP、LTO-4規格準拠/暗号化対応のテープドライブ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、LTO-4規格準拠/暗号化対応のテープドライブ製品を出荷


掲載日:2007/08/03


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、大容量のデータを高速に記録できる磁気テープの最新規格“LTO Ultrium Generation 4”(LTO-4)準拠の製品「HP StorageWorks LTO-4 Ultrium 1840テープドライブ」を、8月下旬より出荷する。

 「LTO-4 Ultrium 1840」は、カートリッジ1本あたりのデータ容量が圧縮時1.6TBで、転送速度も圧縮時毎秒240MBと、性能を向上したテープドライブの最上位モデル。“LTO-4”の暗号化機能についても、製品に無償でバンドルされるバックアップソフト「HP Data Protector Express Software シングルサーバ版」との併用により、直ちに利用可能となっている。データ圧縮後に暗号化を行なうため、大容量のデータも効率的に保管することができる。

 テープの読み書きの際に停止や再ポジショニングを繰り返すことによるメディアやヘッドへの負担を抑えるため、ホストから転送されるデータ量を1000分の1秒ごとにチェックして適正な転送レートに変える“データレートマッチング機能”を備えている。同機能により、データ転送速度を毎秒40MBから120MBの間で動的に変化させ、テープの停止/再ポジショニングの頻発を防止することができる。また、ホスト障害時にOSとユーザデータの両方をテープメディアから直接リカバリできる“HP One-Button Disaster Recovery(OBDR)機能”も搭載している。2世代前までのメディアの読み取りと、1世代前のメディアの書き込みが可能な下位互換性も備えている。


出荷日・発売日 2007年8月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは 【日本オラクル】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019360


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ