SSD、ヌリテレコムの運用管理ソフトからレポートする製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SSD、ヌリテレコムの運用管理ソフトからレポートする製品を発売


掲載日:2007/08/01


News

 昭和システム開発株式会社は、ヌリテレコム株式会社の統合運用管理ソフト「NASCenter Net-ADM」と連携するレポーティングソリューション「SSD-Report For Net-ADM フルセット版」を、発売した。サーバ監視機能をまとめた「サーバ監視版」も、8月下旬より発売する。

 「SSD-Report For Net-ADM」は、「Net-ADM」の収集データを取り込み、視認性に優れたレポートを提供するソリューション。「Net-ADM」のサーバ監視機能で収集されたCPU/メモリの使用状況などのデータや、PCのハードウェア/ソフトウェア資産情報、ソフトウェア操作履歴/プロセス稼働履歴などのデータを取り込むことができ、多角的な情報分析や定型レポートの作成をシームレスに行なうことができる。

 サーバのCPU/メモリの使用状況をグラフ化したレポートや、操作履歴とハードウェア資産情報を連携させたレポート、ソフトウェア資産情報からソフトウェアのインストール/アンインストール履歴のレポートなどが提供される。また、絞込検索機能(ドリルダウン機能)により、収集された様々な情報から目的の情報へスムーズに遷移でき、直感的に操作することができる。レポートの種類に関わらず統一された画面から操作できるため、トレーニングは不要で直ちに使用することができる。

 「Net-ADM」コンソールがインストールされていないPCでもブラウザからレポート内容を確認できるため、場所を問わず作業することができる。レポートを印刷する場合は、画面に作成された内容をExcelのブック形式に変換してPCへダウンロードでき、ダウンロードしたブックを編集することでユーザ独自のレポートを作成することもできる。「フルセット版」では、複数の「Net-ADM」マネージャ情報の取り込みが可能で、1つのDBへ集約して容易な切り替えで表示できるため、画面から「Net-ADM」マネージャを選択し該当レポートを迅速に作成することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス 【日本マイクロソフト株式会社】 「IT基盤」に関するアンケート 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
多様なIT環境を一元管理、インフラ運用自動化の手軽な方法とは? Amazonギフト券(3000円分)が当たる:IT基盤に関するアンケート実施中 年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019334


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ