日本IBM、ブレードサーバ用の半導体ドライブを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ブレードサーバ用の半導体ドライブを出荷


掲載日:2007/08/01


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、半導体を採用したブレードサーバ用の内部記憶装置「ソリッド・ステート・ドライブ」(SSD)を、8月15日より出荷する。

 「SSD」は、同社のブレードサーバ「IBM BladeCenter モデルHS21 XM」用に特化された製品。「BladeCenter」購入の際にオプションとして選択することができる。容量はシングルタイプが15.8GB、デュアルタイプが31.6GB(15.8GB×2)で、インターフェースにSATA(Serial ATA)を採用し、HDDに比べ最大23倍のアクセス速度を達成している。

 製品自体にメカニカル構造を持たないことから耐衝撃性に優れ、動作保障範囲温度も摂氏0度から70度まで対応しているほか、耐故障性も確保しており、信頼性に優れている。HDDに搭載される障害の早期発見/故障の予測機能S.M.A.R.T.(Self-Monitoring,Analysis and Reporting Technology)に対応している。また、通信事業者が機器購入の目安とするための指標となる基準“NEBS”レベル3にも準拠している。


出荷日・発売日 2007年8月15日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

老朽化したデータインフラを復活させるストレージ刷新の最善策とは? 【ネットアップ】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 【日本ヒューレット・パッカード】 フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 【ネットアップ】 今さら聞けない「フラッシュストレージ」 基礎知識から活用法まで解説 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
老朽化したデータインフラを復活させるストレージ刷新の最善策とは? 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 今さら聞けない「フラッシュストレージ」 基礎知識から活用法まで解説

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019330


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ