McAfee、ルートキットを駆除するためのツールを無償公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


McAfee、ルートキットを駆除するためのツールを無償公開


掲載日:2007/08/01


News

 McAfee,Inc.は、ルートキットを駆除するためのツール「Rootkit Detective」を、無償公開した。

 「Rootkit Detective」は、突然の速度の低下や疑わしいネットワーク活動など、乗っ取りの兆候が見られる場合にユーザがPCのOS内をチェックできるツール。隠しプロセスやレジストリ項目、ファイルを検出し、システムの再起動時に安全に削除/無効化可能とする。また、PCのカーネルメモリの整合性をスキャンし、システムの乗っ取りの兆候である改変を表示する。同ツールを使用することで、セキュリティ研究組織“McAfee Avert Labs”にサンプルを送信でき、同組織で分析やシグニチャ作成、同社のクライアントセキュリティ製品への反映を行なうため、ルートキット検知/防護機能が強化される。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策 【日本アイ・ビー・エム】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 これだけ差がつくセキュリティ“侵入後”対策――被害最小化に不可欠な対応とは 【日立システムズ】 EDRでも検知困難、“ファイルレス”攻撃からエンドポイントを守る最新手法とは 【マクニカネットワークス+他】 マルウェアによる情報流出をDNS監視で防ぐ、クラウド型出口対策サービスとは 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 遅れの目立つ「侵入後対策」 EDRは解決の切り札となるのか? EDRでも検知困難、“ファイルレス”攻撃からエンドポイントを守る最新手法とは マルウェアによる情報流出をDNS監視で防ぐ、クラウド型出口対策サービスとは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019324


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ