ネットスプリング、LAN認証ゲートウェイの新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットスプリング、LAN認証ゲートウェイの新バージョンを出荷


掲載日:2007/07/30


News

 株式会社ネットスプリングは、ネットワークへの不正アクセスを防止する機能などを搭載したLAN認証ゲートウェイの新バージョン「FEREC Ver.2.2」を、8月31日より出荷する。

 「FEREC」は、ネットワーク内部からのアクセスに対する認証ゲートウェイとして動作するアプライアンス機器。ユーザ単位での認証とアクセス制御、利用記録収集により、未認証ユーザからのネットワークアクセスを遮断するほか、認証を受けたユーザのアクセスも的確に制御し、情報漏洩などから基幹ネットワークを保護する。

 今回の新バージョンでは、ログ収集機能を強化し、発信元/宛先IPアドレスとポート番号、ユーザ名付きのフィルタリングログが採取可能となった。これにより、利用者がいつ、どの端末から、どのサーバにFTP接続したかなどの情報を把握できるほか、固有のユーザ特定を容易にし、不正利用者などの検知も支援する。また、RADIUS認証利用時にはMACアドレス制限にも対応し、個々の端末アクセス制限を細かく管理することができる。


出荷日・発売日 2007年8月31日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 指ハイブリッド認証 【NEC】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019296


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ