キヤノン、CAD対応を強化した大判インクジェットプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、CAD対応を強化した大判インクジェットプリンタを発売


掲載日:2007/07/23


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、CADやGIS(地理情報システム)、ポスター、掲示物など向けに、大判インクジェットプリンタ3機種を、8月下旬より順次発売する。価格は、最大A0ノビ対応の「imagePROGRAF iPF710」が39万8000円、A1ノビの「iPF610」が27万8000円、A2ノビの「iPF510」が19万8000円となっている。

 3機種とも、CADアプリケーション用のページ記述言語“HP-GL/2”と“HP RTL”に対応したインクジェットプリンタ。同梱のプリンタドライバ「imagePROGRAF プリンタドライバ2007」やAutoCAD専用の「imagePROGRAF HDI ドライバ」などと合わせ、様々なCADアプリケーションを利用することができる。また、「iPF610」の“普通紙”/“速い”モードで、A1サイズで31秒の印刷が可能となっている。本体内部のファン速度の最適化や本体内部の構造改良などにより静音化を図っているほか、「iPF710/iPF610」は全角10文字/半角20文字を8行で表示できる液晶パネルを搭載し、操作性に優れている。

 高密度プリントヘッド技術“FINE”を搭載し、マットブラックで5120ノズル、その他各色で2560ノズルの合計1万5360ノズルから最小4ピコリットルの極少インク滴を吐出する。高耐候染料インク4色に顔料マットブラックを加えた5色の“染・顔料リアクティブインク”や、イメージプロセッサ“L-COA”も採用している。更に、“リアクティブインクテクノロジー”によりブラックとカラーの境界でのにじみを低減しているほか、黒文字と線画をくっきり印刷する“文字・線画鮮鋭化処理”技術などの画像処理アルゴリズムを搭載し、高速化と高画質化の両立を図っている。

 130mlと大容量のインクタンクを利用できるほか、「iPF610」はカセット給紙とロール給紙の自動切り換えが可能な4Way給紙に対応し、「iPF510」もオプションで対応できるなど、生産性と操作性に優れている。また、デジタル写真プリントのワークフローを効率化する同梱のポータルソフト「Digital Photo Front-Access」に加え、別売のポスター用オートデザインソフト「PosterArtist 2007」なども用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019226


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ