エクセルソフト、セキュリティ機能を備えた日本語ZIP製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクセルソフト、セキュリティ機能を備えた日本語ZIP製品を発売


掲載日:2007/07/20


News

 エクセルソフト株式会社は、Windowsデスクトップ向けデータセキュリティ機能を備えた、ピーケーウェア・ジャパン株式会社の日本語ZIP製品「SecureZIP for Windows Desktop v11」を、発売した。価格は、4860円からで、2ユーザライセンス以上はボリュームライセンス割引が適用される。

 「SecureZIP」は、データ圧縮とアーカイブの機能に加え、暗号化/認証/デジタル署名の機能を提供し、ZIP標準に基づくセキュアなデータコンテナを作成できる製品。ZIP圧縮の後に暗号化するプロセスによりパフォーマンスの向上を図っており、マスタキーの機能やPKI(公開鍵暗号化方式)のサポートにより暗号鍵を容易に管理することができる。今回のバージョンでは、日本語版がリリースされるほか、価格も旧バージョンから値下げされている。

 新しい圧縮オプション“UTF-8オプション”を使用することで、日本語などのUTF-8文字を含むファイル名とファイルコメントを持つアーカイブを作成し、互換性のあるUTF-8以外のロケールで参照/展開する際に、ファイル名とファイルコメントのUTF-8文字を正常に表示可能となった。また、添付ファイルの暗号化オプションで、ファイルの添付と同様に、メールメッセージもZIP圧縮/暗号化することができる。

 自己解凍アーカイブを作成する“PKZIP Self-Extractor”が「SecureZIP Enterprise版」に含まれ、管理者はオプションで選択的に“PKZIP Self-Extractor”ライセンスを配布し、同機能へのアクセスをコントロールすることができる。メールの添付ファイルを再暗号化して転送できるほか、Outlookのミーティングリクエストへの添付も暗号化することができる。


出荷日・発売日 2007年7月18日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019198


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ