MKI、ユビキタスなRFID環境を構築できる1ボックスサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MKI、ユビキタスなRFID環境を構築できる1ボックスサーバを発売


掲載日:2007/07/19


News

 三井情報株式会社は、タグ自身が電池を搭載し自ら微弱電波を発信するアクティブ型RFIDシステム「SPIDER V システム」の利用シーンを拡大するRFIDアプリケーションサーバ「JTAVIS マイクロ・サーバ」を、発売する。

 「JTAVIS マイクロ・サーバ」は、約10cm四方と小型の1ボックスサーバ。リーダから収集されるタグデータの処理に加え、外部制御機器との接続や携帯通信カードの搭載が可能で、屋内/屋外でユビキタスなRFID環境を構築することができる。RF Code 社の「SPIDER V リーダ」用RFIDミドルウェア「JTAVIS コンセントレータ」が搭載されており、タグデータの収集やフィルタリング、「SPIDER V リーダ」の制御や監視が可能となっている。制御プログラムや通信プログラムなどのアプリケーションを搭載することもできる。

 既設ネットワークのない環境でも、PHSカード/W-CDMAカード/CDMA2000カード/無線LANカードなどをPCカードスロットに装着することで、無線通信基盤をバックボーンとしたユビキタスなRFIDプラットフォームを構築することができる。また、無電圧型デジタルI/OやRS-232Cインターフェースを介し、タグの受信データをトリガーとして警報装置/監視カメラ/タイムレコーダ/自動ドアなどと連携した制御ソリューションを構築することができる。

 システムブートとファイルシステムに、振動に強いフラッシュメモリを利用しているため、車両などの移動体にサーバを搭載することができる。移動しながら周囲に散在するタグを検知し、タグ情報をリアルタイムに遠隔システムへ送信することができる。また、同社の「SPIDER V PC カードリーダ」をPCカードスロットに装着することで、1ボックスでアクティブRFIDリーダとアプリケーションサーバを実現することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

AWS環境に対応した「特権ID管理」、アコーディア・ゴルフはどう実現した? 【CA Technologies】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは 【CA Technologies】 ハイブリッド時代のデータ漏えいを防ぎ、特権IDを一元管理するセキュリティ 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
事例で学ぶ「特権ID管理」:クラウドファーストとIT統制を両立 デジタルアイデンティティー管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは データ漏えいの要因、特権ユーザーアカウントの侵害をどう防ぐ? 脅威分析で自動的にリスク緩和、特権アクセスを守る4ステップ

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019188


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ