日立産機システム、位置情報取得機能を標準搭載した通信端末発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立産機システム、位置情報取得機能を標準搭載した通信端末発売


掲載日:2007/07/18


News

 株式会社日立産機システムは、CDMA(符号分割多重接続)パケット通信端末「CPTrans」シリーズで、RS-232Cインターフェースを備えた「CPTrans-SX」と、イーサネットインターフェースを備えた「CPTrans-EX」、感度に優れたGPSを搭載した「CPTrans-LX」を、8月より発売する。

 「CPTrans」シリーズは、au携帯電話を使用できる場所に設置できるデータ通信端末。今回発売される製品では、2012年の総務省の周波数再編に対応しており、周波数再編後も継続してデータ通信を利用することができる。“gpsOne”測位方式を採用しており、同通信端末の位置を容易に取得することができる。正確な時刻データも携帯網の基地局から取得でき、ログ管理やトレーサビリティに利用することもできる。

 「CPTrans-LX」では、感度に優れたGPSを搭載しており、CDMA回線に依存せずに位置情報を取得できるほか、GPS信号が微弱な環境でも迅速に位置情報を取得できる“アシストデータ方式”に対応している。「CPTrans-EX」/「CPTrans-LX」では、オプションでNAT(Network Address Translation)機能を実装することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日立産機システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019163


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ