新技術:NEC、「リアルタイムコミュニケーション基盤」を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術:NEC、「リアルタイムコミュニケーション基盤」を開発


掲載日:2007/07/17


News

 日本電気株式会社は、音声通信/映像通信/資料共有などのツールを組み合わせたリアルタイムコミュニケーションを行なう際に、オフィスのIT/ネットワークを効率的に利用してコミュニケーション品質を維持/向上する「リアルタイムコミュニケーション基盤」(RTC基盤)を、開発した。

 「RTC基盤」では、オフィス端末の性能や拠点間ネットワークの帯域などの利用可能なリソース量と、各種ツールが消費するリソース量を管理することで、ツールの品質を柔軟に制御することができる。同基盤を利用することで、端末の処理能力やネットワークの混雑度が変動した際にも、安定したコミュニケーション品質を維持可能となる。また、音声品質を維持しながら、映像の画質や資料共有の同期精度など、ツールの品質を向上することができる。拠点間で使用するネットワーク回線の帯域が狭い場合でも、1対1通話から多人数のグループ通話に、通信品質を落とさずに移行することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019155


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ