日本オラクル、SOAに基づく業務プロセスの統合ソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、SOAに基づく業務プロセスの統合ソフトを提供


掲載日:2007/07/11


News

 日本オラクル株式会社は、異種アプリケーション製品の統合基盤「アプリケーション統合アーキテクチャ」(AIA)を発表し、同基盤の構成要素である、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づく業務プロセスの統合ソフト「プロセス統合パック」の提供を、開始した。価格は、1CPUあたり375万円からとなっている。

 「AIA」は、「プロセス統合パック」と「業種別リファレンスモデル」で構成されている。「プロセス統合パック」は、標準のビジネスプロセス実行言語“BPEL”を用いて事前に定義/統合された業務プロセスとOracle Applications(同社のアプリケーション製品群)を連携するための、XMLやWSDL(Webサービスを記述するためのXMLベースの言語仕様)で記述されたサービス/オブジェクト、更にパッケージアプリケーション固有のデータ表現を変換するビジネスコネクタサービスを提供する。

 「業種別リファレンスモデル」は、各業界特有のビジネスプロセスを図式化した参照モデル。各業界に特有な業務の流れを含んだ業務プロセスをビジネス用語で表記された抽象化モデルによって視覚化し、更に詳細な業務サービスや機能にまでプロセスをドリルダウンすることが可能となる。プロセス設計や文書化のためのツールはOracle Fusion Middleware(DBと業務アプリケーションを融合させるミドルウェア製品群)の機能を活用しているため、上流工程でデザインされたビジネスと実際に動作するITシステムを有機的に連携させることができる。

 今回提供される「プロセス統合パック」は2種類。「Oracle E-Business Suite Order Management」と「Siebel CRM On Demand」の統合パックでは、販売機会から見積までの業務プロセスの統合が可能となり、販売機会から見積、見積から受注への自動変換も行なわれる。また、「Oracle E-Business Suite Order Management」と「Siebel CRM」の統合パックでは、複雑な製品構成や在庫確認、自動受注処理、価格の同期、リアルタイムの受注状況などの、受注から入金までの業務プロセスのライフサイクルを統合することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「プロセス統合パック」:1CPUあたり375万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

高成長率のSaaSビジネスを実現した「11のトピック」 【セールスフォース・ドットコム】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 売上高2億円を境に変わる経営者の意識、売上高の壁をどう乗り越えたのか? 【セールスフォース・ドットコム】
CRM CRM CRM CRM CRM
高成長率のSaaSビジネスを実現した「11のトピック」 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 売上高2億円を境に変わる経営者の意識、売上高の壁をどう乗り越えたのか?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019096


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ