提携:日本HPなど、IT継続と融合したBCMコンサルティングを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本HPなど、IT継続と融合したBCMコンサルティングを提供


掲載日:2007/07/11


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社と株式会社インターリスク総研は、ビジネスとITを融合する企業のBCM(事業継続経営)コンサルティングサービスの提供を、開始した。

 今回提供されるサービスは、災害復旧時などのBCP(事業継続計画)の中で、事業部門と情報システム部門の間を連携させ、整合性が取れる全社的なBCPを作成/提供するサービス。事業とITの依存度分析/評価に加え、BCPの策定を両社で行ない、IT重要度に応じたバックアップなどシステムの構築を日本HPが行なう。更に、訓練/継続的改善/レビューとして、事業部門/IT部門が連携したリハーサル/トレーニングを両社で行なう。

 事業とITの依存度分析/評価では、業務の重要性や、業務に関連するITの明確化と依存度の評価、ITの重要性評価、あるべきITの姿と現状のギャップ分析/評価、コストバランスの検討と推奨手順の策定といった項目を評価/分析する。BCPの策定では、事業部門とIT部門の連携を踏まえたBCPを作成するほか、会社全体の文書体系の整理/確立や、危機発生時における責任態勢の明確化、組織内/関係者への連絡態勢の明確化などを図る。システム構築では、ITリスク対策の提案/実施や、リカバリシステムの設計/構築/最適化が行なわれる。

 これらにより、BCPの策定からバックアップシステムの構築まで一貫したコンサルティングで費用対効果を向上できるほか、重要業務のシステム依存度を把握することで、重要システムの順位付けや各システムのバックアップ要件を明確化することができる。更に、重要業務を継続するための、システム面を含めた課題抽出と継続的改善の仕組み作りが可能となる。なお、所要期間は各4ヵ月からで、価格はコンサルティング費用が700万円から(システム構築費用は別途)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 コンサルティング費用:700万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019087


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ