BMCソフトウェア、ビジネスとITの連携を可視化する製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BMCソフトウェア、ビジネスとITの連携を可視化する製品を出荷


掲載日:2007/07/10


News

 BMCソフトウェア株式会社は、ITコンポーネントの自動検出とそのコンポーネント間の関連付けを行なう「BMC Topology Discovery(TD)」と、ビジネスの観点からイベント発生時の影響度と緊急度を示しイベントの優先付けインシデント管理を行なう「BMC Service Impact Manager(SIM)」の2製品を、出荷した。

 「TD」は、スケジュール機能により、ITコンポーネントの資産情報や、ITインフラとビジネスサービスにわたるITコンポーネント間の依存度と関連性を自動的に取得可能とする、エージェントレス型のディスカバリソリューション。取得した情報は、IT構成の全情報を格納する「BMC Atrium CMDB(構成管理DB)」とシームレスに連携し、エクスポートされる。

 正確な最新の構成アイテム情報を持つCMDBによりサービスデスクの運用効率を向上できるほか、システム変更に起因するリスクやインパクトを把握するための情報を視覚的に表現することができる。通信ポートと稼働中のプロセスのマッピングを行ない、それをもとにアプリケーションとの依存性/関連性を発見するため、SAPやSiebel、J2EE、VMWare、Webサービス、ビジネスプロセス、メインフレーム、ストレージ、カスタムメイドのアプリケーションなども検出可能となっている。

 「SIM」は、ビジネストランザクションとITコンポーネントのつながりを優先度をつけて可視化する、リアルタイムなサービスインパクト管理ソリューション。ITコンポーネントにトラブルが生じた際に、そのコンポーネントとビジネスの関連性を構成ツリーとして表示することで、原因の迅速な究明を支援する。また、ビジネスの観点からインシデント管理を行なうためのチケットの自動的な発行も可能とする。経営層やビジネスユーザ向けにWebベースのダッシュボードも備え、システム障害などがもたらすコスト的な影響を、ビジュアルでリアルタイムに伝えることを可能とする。なお価格は、「TD」が検出対象のサーバごとに3万5400円、「SIM」が最少構成で1534万円からとなっている。


出荷日・発売日 2007年7月10日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 難しい国際基準への準拠を成功に導くには? アセットマネジメント、導入の勘所 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 設備・資産の管理、フレームワーク「PAS55」導入で得られるベネフィット

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019083


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ