NEC、1.5TB HDD搭載のスリムタワー型NAS製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、1.5TB HDD搭載のスリムタワー型NAS製品を出荷


掲載日:2007/07/09


News

 日本電気株式会社は、最大容量1.5TBのHDDを搭載し、約40dBと静音性にも優れたNAS製品「iStorage NS26P」を、出荷した。

 「iStorage NS26P」は、幅95mm×奥行き420mm×高さ341mmとスリムなタワー型NAS。転送帯域3GbpsのSATA II(Serial ATA II)インターフェースを実装し、最大750GBのSATA II HDDを2個搭載している。標準でオンボードRAID機能によるミラーリング構成を可能とし、耐障害性を向上している。また、データ保存容量最大800GB(圧縮時)のバックアップ装置「AIT5」を搭載でき、HDDによる“ディスクバックアップ”や、バックアップ装置とHDDを組み合わせた“Disk to Disk to Tape”といったバックアップ運用が可能となる。

 OSは、ストレージ専用のWindows Storage Server 2003 R2を搭載し、Windows環境との親和性に優れている。ウイルス対策ソフト/バックアップソフトなど関連ソフトウェアの追加導入も可能となっている。なお価格は、250GB HDD×2のモデルが19万8000円、750GB HDD×2のモデルが29万8000円となっている。


出荷日・発売日 2007年7月5日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント 【伊藤忠テクノソリューションズ】 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態 【伊藤忠テクノソリューションズ】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 オールフラッシュストレージ最新動向 SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019065


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ