ソフトクリエイト、座席管理Webソフトの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトクリエイト、座席管理Webソフトの新バージョンを発売


掲載日:2007/07/04


News

 株式会社ソフトクリエイトは、座席管理Webソフト「Zaseki7」の新バージョン「Ver.2.7」を、発売した。

 「Zaseki7」は、企業内の“ヒト”や“モノ”などの情報を座席図(ロケーション)で管理できるWebベースのパッケージソフトウェア。作画と同時に情報がリアルタイムにDB化される技術により、座席図やネットワーク図、機器の設置場所などのロケーション図に人事情報や資産情報などを関係づけることができる。今回の新バージョンでは、「座席図管理システム」/「IT資産管理システム」/「資産費用管理システム」の3つの独立した製品群となった。

 「座席管理システム」では、Webブラウザ上で正確/容易にレイアウト図面を作成でき、座席図/内線表の変更作業の維持管理コストの軽減と情報の有効活用が可能なほか、席替えのシミュレーションも効率化することができる。「IT資産管理システム」では、インベントリ情報取得からウイルス対策、ソフトライセンス/ポリシー管理などのPC管理に加え、ネットワーク監視がシステム連動している。「資産費用管理システム」では、社内資産の“いつ/どこで/誰が”という“物”の状態管理から、固定資産やリース/レンタル資産などの費用管理までを1製品で管理することができる。

 他社製品や外部データなどと連携できる仕組みや、個別要件にカスタマイズ開発などで対応するソリューション「連携・拡張ソリューション」も強化された。「座席管理システム」では、在席情報の可視化やIP電話の“クリックtoダイヤル”を可能とすることで中堅/大手企業のコミュニケーションポータル化を図ることができる。「資産費用管理システム」では、RFIDと連携することで資産所在管理や棚卸しの効率化を図ることができる。


出荷日・発売日 2007年7月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019016


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ