先端技術研究所、Webアプリケーション脆弱性スキャナ新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、Webアプリケーション脆弱性スキャナ新版を発売


掲載日:2007/07/03


News

 有限会社先端技術研究所は、マルタ国AcunetixのWebアプリケーション脆弱性スキャナソフトウェアの新バージョン「WVS(Web Vulnerability Scanner)バージョン5」を、発売した。

 「WVS」は、Webアプリケーションの脆弱性を監査するためのスキャナ。WebアプリケーションやWebサイトをスキャンし、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど、Web攻撃の脆弱性を検出して解決方法を提供する。今回の新バージョンでは、特にクレジットカード業界(PCI)コンプライアンス達成を支援するためのレポート機能が強化されている。Windows Vistaをサポートしたほか、OWASP/PCI/SOX/WASC/HIPAAに関する詳細なコンプライアンスレポーティングの提供や、共有サブドメイン名の推測などによるアクティブなサブドメインの高速/容易な識別が可能となった。

 Webサービス内の脆弱性に対する自動化されたスキャンと詳細なセキュリティレポートの生成が可能で、WSDL(Webサービス記述言語)の要求と応答の綿密な分析のため、オンラインまたはローカルなWSDLのインポートによる様々なポート型にわたるWebサービス運用のカスタム編集と実行を行なうことができる。サイト構造からスキャン対象のファイルやフォルダを選択でき、スキャンの検出率と速さを3モードから選択できるほか、開発者/役員/スキャン比較/統計/コンプライアンスのレポーティングのためのテンプレートをサポートしている。

 認定ユーザのみのアクセスを可能にするパスワード保護や、保存されたスキャン結果ファイルやレポートなどの出力のサポート、Webサービススキャンスケジューリング、スキャン完了時のメール通知送付などの機能が追加された。詳細さを保持したままでのDB規模の90%縮小も可能となっている。また、脆弱性検査が改良され、クロスサイトスクリプティング検査保管やヘッダ操作検査などをサポートした。ロジックの改良により、ディレクトリリカージョンループの自動検出や、スキャン中URLリライトWebサイトの自動検出なども可能となっている。シンタックスハイライティングによるソース一覧や、粒度の細かいロギングオプション、サイトマップサポートなども提供される。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018991


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ