パスロジ、認証アウトソーシングに「本人確認システム」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パスロジ、認証アウトソーシングに「本人確認システム」を導入


掲載日:2007/07/02


News

 パスロジ株式会社は、認証アウトソーシングサービス「パスロジ!ASP」に、“ブログ炎上”や“迷惑行為”を防止する「本人確認システム」を導入し、7月2日より提供する。

 「パスロジ!ASP」は、ASPサービス単独で2要素2経路を可能とし、セキュリティに優れたワンタイムパスワード認証サービス。今回導入される「本人確認システム」では、携帯電話データとリンクしている“パスロジID”を企業サイトに提供する。携帯電話の契約には本人確認が必要となるため、“パスロジID”は本人確認が済んでいる人物のみに発行されることとなり、軽微なトラブルであれば該当する“パスロジID”のユーザを利用停止することで、同ユーザの再参加を防ぐことができる。また、重大な犯罪行為であれば、所轄官庁を経由し携帯電話会社が所有する情報から本人を特定することができる。

 “パスロジID”そのものには個人情報が含まれておらず、サイトが異なれば同じユーザでも異なるIDとなるため、複数サイトのIDをつきあわせて本人の行動パターンを取得するといった行為を防ぐことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018975


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ