T-SS、情報漏洩防止ソリューションの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


T-SS、情報漏洩防止ソリューションの新版を発売


掲載日:2007/06/29


News

 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズは、企業内で扱われる文書ファイルなどデジタルデータの情報漏洩と不正使用を防止するソリューション「Pirates Buster for Document(PBforDoc) Ver.3.1」を、発売した。

 「PBforDoc」は、Excel/PowerPoint/WordといったOffice製品のファイルやPDF、CSV、テキスト形式のファイルを暗号化し、利用者ごとに利用権限を設定することで情報漏洩を防止する製品。暗号化し利用権限を設定したファイルであれば、メールでの送信やウイルスなどでの情報流出の後でも、ファイルの利用停止や、閲覧できる利用者の制限が可能なため、情報漏洩を防止することができる。情報が漏洩した場合は、利用状況のログによる調査を行なうこともできる。漏洩に備えた“個人情報漏えい賠償保険”も付帯されている。

 今回のバージョンでは、LDIF(LDAPデータ交換方式)インポート機能が追加され、LDIF形式で出力されたActive DirectoryやLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のユーザ/グループ情報を同製品のユーザ/グループとしてインポート可能となった。インポート後も、Active Directory/LDAP側で更新した情報を同期させることができ、ユーザ管理の効率化が可能となる。LDIFでインポートしたユーザのシングルサインオンにも対応し、ドメインにログインしているユーザであれば、暗号化ファイルを認証なしで開くことができる。Adobe Acrobat 8/Windows Media Player 11に対応したほか、“User Manager”がWindows Server 2003/Windows 2000 Serverで動作可能となった。


出荷日・発売日 2007年6月27日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 PC/メディア/共有フォルダの暗号化 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018955


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ