T-SS、情報漏洩防止ソリューションの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


T-SS、情報漏洩防止ソリューションの新版を発売


掲載日:2007/06/29


News

 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズは、企業内で扱われる文書ファイルなどデジタルデータの情報漏洩と不正使用を防止するソリューション「Pirates Buster for Document(PBforDoc) Ver.3.1」を、発売した。

 「PBforDoc」は、Excel/PowerPoint/WordといったOffice製品のファイルやPDF、CSV、テキスト形式のファイルを暗号化し、利用者ごとに利用権限を設定することで情報漏洩を防止する製品。暗号化し利用権限を設定したファイルであれば、メールでの送信やウイルスなどでの情報流出の後でも、ファイルの利用停止や、閲覧できる利用者の制限が可能なため、情報漏洩を防止することができる。情報が漏洩した場合は、利用状況のログによる調査を行なうこともできる。漏洩に備えた“個人情報漏えい賠償保険”も付帯されている。

 今回のバージョンでは、LDIF(LDAPデータ交換方式)インポート機能が追加され、LDIF形式で出力されたActive DirectoryやLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のユーザ/グループ情報を同製品のユーザ/グループとしてインポート可能となった。インポート後も、Active Directory/LDAP側で更新した情報を同期させることができ、ユーザ管理の効率化が可能となる。LDIFでインポートしたユーザのシングルサインオンにも対応し、ドメインにログインしているユーザであれば、暗号化ファイルを認証なしで開くことができる。Adobe Acrobat 8/Windows Media Player 11に対応したほか、“User Manager”がWindows Server 2003/Windows 2000 Serverで動作可能となった。


出荷日・発売日 2007年6月27日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション: WinMagic SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 【タレスジャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018955


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ