NEC、サーバ単体の可用性を向上するソフトウェアなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、サーバ単体の可用性を向上するソフトウェアなどを出荷


掲載日:2007/06/29


News

 日本電気株式会社は、高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO X」シリーズを強化し、1台のサーバの可用性向上を可能とするソフトウェア「CLUSTERPRO X SingleServerSafe(SSS)」を、出荷した。

 「SSS」は、OSやアプリケーションなどのソフトウェア障害を自動で検知し、必要に応じてOSやアプリケーションを自動的に再起動することでサーバ単体の可用性を向上するソフトウェア。「CLUSTERPRO X」シリーズでは管理ツール「統合マネージャ」による一元管理やビューの統一を図っており、「SSS」もこれに対応し統合的な運用が容易となっている。

 また、同シリーズのオプション製品として、アプリケーションサーバが正常に動作しているかを監視するエージェントソフト「CLUSTERPRO X Application Server Agent for Windows」も、出荷された。定期的に対象のアプリケーションサーバに実際にアクセスすることで、起動の有無に加え、正常にサービスを提供しているかといった動作状況まで監視することができる。複数サーバで構成されるシステムも、両製品を組み合わせることで可用性の向上が可能となる。なお価格は、「SSS」のCPUライセンスが10万円、「Application Server Agent for Windows」のノードライセンスが15万円となっている。


出荷日・発売日 2007年6月29日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018950


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ