ロジテック、2台のHDDが故障しても復旧できるRAID6対応NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、2台のHDDが故障しても復旧できるRAID6対応NASを発売


掲載日:2007/06/28


News

 ロジテック株式会社は、2台のHDDが故障してもデータが消失しない“RAID6”と、Windowsクライアントとの親和性に優れたサーバOS「Windows Storage Server 2003 R2」を搭載したボックス型NAS「LSV-6R」シリーズを、7月上旬より発売する。

 「LSV-6R」シリーズは、幅152mm×奥行き318.5mm×高さ235mmとコンパクトなNAS。HDDを4台搭載し、パリティを2重化することで、同一RAIDシステム上で2台のドライブが故障してもデータを復旧できる“RAID6”に対応している。RAIDコントローラには国産メーカーのハードウェアコントローラを採用し、信頼性を確保している。また、電源を切らずにドライブを交換できる“ホットプラグ”や、ドライブの交換後に自動的に復旧作業を開始する“オートリビルド機能”なども備えている。ドライブはドック方式のユニットとなっており、フロントパネルから容易に交換することができる。

 Active Directoryに対応し、Windows NT系など既存のサーバシステムからも容易に移行でき、クライアント数に応じたライセンス料は不要となっている。Windows/Macintosh混在環境でも使用することができる。LANポートはギガビットの1000BASE-Tを搭載している。また、背面のUSBポートにUSBプリンタを接続することでプリントサーバ機能を利用できるほか、UPS(無停電電源装置)をUSBまたはシリアルポートに接続することで安全なシャットダウンも可能となる。

 IPアドレスなどを表示する液晶パネルを装備しているほか、NAS上の特定のボリュームのデータを任意の時点で記録しておくことで後に復元を可能にする“シャドウコピー機能”なども搭載している。なお価格は、データ領域容量490GBの「LSV-6R1000/4B」が45万5000円、990GBの「LSV-6R2000/4B」が55万1000円、1490GBの受注生産品「LSV-6R3000/4B」が74万3000円となっている。


出荷日・発売日 2007年7月上旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

プライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 【日本アイ・ビー・エム】 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 【日商エレクトロニクス】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
セカンダリーなのにプライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018945


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ