MS、セキュリティ製品群/運用管理製品群のラインアップを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MS、セキュリティ製品群/運用管理製品群のラインアップを強化


掲載日:2007/06/26


News

 マイクロソフト株式会社は、IT基盤のセキュリティ強化と運用管理の効率化を支援するセキュリティ製品群「Microsoft Forefront」とシステム運用管理製品群「System Center」の製品ラインアップを強化すると、発表した。

 今回のラインアップ強化では、「Forefront」製品群に、エッジからサーバアプリケーション、サーバやPCにいたる、包括的なセキュリティ対策ソリューションを可能とする「Microsoft Forefront Client Security」を追加し、7月2日より発売する。また、「System Center」製品群では、中小規模事業所向けに特化した統合運用管理ソリューション「Microsoft System Center Essentials 2007」を、8月1日より発売する。

 「Forefront Client Security」は、悪意あるソフトウェアの駆除ツール「Windows Defender」など同社の保護技術を搭載し、PCやサーバを保護するための製品。ウイルスやワーム、トロイの木馬などに加え、スパイウェアやルートキットなどにも対応することができる。集中管理による管理性と、脅威や脆弱性の迅速な検出を提供し、Active Directoryなど既存のインフラストラクチャソフトウェアと統合して既存のセキュリティ技術を補完することで、優れた保護と制御を提供する。

 「Essentials 2007」は、特にサーバ30台/クライアント500台までの中規模事業所向けに設計された管理ソリューション。クライアントPCやサーバのハードウェア/ソフトウェアの資産管理や障害対応、セキュリティ更新プログラムやソフトウェアの配布/展開など、運用に関わる機能を統合し、単一のコンソールからの包括的な管理を可能とする。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】 プラットフォームの無停止を実現するための4つのステップ 【日本アイ・ビー・エム】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 絶対止めてはいけないシステムを「Always-On」に移行する4ステップ PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018911


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ