NTTPC、仮想専用サーバサービスを拡張、リセール展開にも対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTPC、仮想専用サーバサービスを拡張、リセール展開にも対応


掲載日:2007/06/25


News

 株式会社NTTPCコミュニケーションズは、レンタルの共用サーバながら仮想的に専用サーバと同等の機能を提供するVPS(Virtual Private Server)サービス「WebARENA SuitePRO」を拡張し、7月3日より提供する。

 「WebARENA SuitePRO」は、Linuxを採用したVPSサービス。Webサイト/メールサーバ/DNS(Domain Name System)サーバなどのインターネットサービスをSOHO/中小企業などに提供する。50Gbps超のインターネットバックボーンによるアクセスの快適性と、堅牢なデータセンタに設置されたプラットフォームなどによる信頼性を備えている。今回の拡張では、ディスク容量を6GBから20GBに拡張しながら、料金は月額8820円(税込)に据え置かれる。なお、ASPやSaaS(Software as a Service)のプラットフォームとして利用するための、リセール展開にターゲティングした機能が10月より強化される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額8820円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 データセンターのサービスゲートウェイ拡張性を3シナリオで検証 【マクニカネットワークス】 Cisco Tetration Analytics 【シスコシステムズ】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 稼働中でもシステム拡張は可能か――ダウンタイムを抑え、影響を最小限に 運用管理の自動化が進むデータセンターのポリシー検証方法 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018902


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ