キヤノン、8.5型タッチパネルと指紋認証を搭載のスキャナを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、8.5型タッチパネルと指紋認証を搭載のスキャナを発売


掲載日:2007/06/25


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、大型タッチパネルと指紋認証を採用した、キヤノン電子株式会社のネットワークスキャナ「キヤノン ScanFront 220P」を、7月下旬より発売する。価格は、24万8000円となっている。

 「ScanFront 220P」は、毎分カラー9枚/モノクロ26枚(A4タテ/200dpi)の読み取りが可能なスキャナ。本体に8.5インチの液晶タッチパネルを採用しており、画面に触れる操作で紙文書をスキャンし、読み込んだデータを画面で確認しながらネットワーク上の指定の宛先に送信することができる。“Scan to Mail”/“Scan to Folder”/“Scan to FTP”/“Scan to USBメモリ”の4つの送信機能を備え、スキャンしたデータを指定したアドレスにメールとして送信することや、各種の共有フォルダやFTPサーバに保管することができる。

 ユーザ名/パスワードの入力による認証と、指紋認証でのログインを選択でき、グループ内で共有する際のセキュリティを確保することができる。原稿の給紙ミスを抑止する“超音波重送検知”を備えているほか、紙文書に加え免許証や会員証などプラスチックカードのスキャンにも対応している。


出荷日・発売日 2007年7月下旬 発売
価格 24万8000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 指ハイブリッド認証 【NEC】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018897


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ