デジタルアーツ、メールフィルタリングソフトのLinux版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルアーツ、メールフィルタリングソフトのLinux版を出荷


掲載日:2007/06/21


News

 デジタルアーツ株式会社は、同社のメールフィルタリングソフトのLinux版「『m-FILTER』 for Linux」を、8月1日より出荷する。参考価格は、100ライセンスで177万円(保守価格含む)となっている。

 「『m-FILTER』 for Linux」は、情報漏洩対策としてのメールの送受信制御を行なう「m-FILTER MailFilter」と、内部統制のためのメールの全文保存と検索を行なう「m-FILTER Archive」、スパムメール対策を行なう「m-FILTER Anti-Spam」を搭載した製品。これらを統合して利用できるほか、個別の製品を選択して導入することもできる。実務に適した様々なレポート機能を備えているほか、ログ管理も可能で、操作性に優れたGUIも備えている。

 また、Linux版の出荷に伴い、「『m-FILTER』 for Windows」の新バージョン「Ver.1.02R01」も発表された。新バージョンでは、ルール(フィルタ条件)の“宛先”/“差出人”にドメイン/添付ファイルに関する選択が追加されているほか、保存メール検索条件にスパムに関する条件が追加されている。管理画面ログインパスワードのセキュリティも強化された。IE 7にも対応している。有償オプション「m-FILTER File Scan」でOffice 2007ファイル形式の検索に対応することができる。


出荷日・発売日 2007年8月1日 出荷
価格 参考価格:100ライセンスで177万円(保守価格含む)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018857


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ