PSTC、かすれた文字なども認識できる帳票OCRソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、かすれた文字なども認識できる帳票OCRソフトの新版を発売


掲載日:2007/06/18


News

 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社は、帳票を編集可能な電子データに変換する帳票OCR(光学式文字読み取り)ソフトの新バージョン「帳票OCR Ver.5」を、発売した。価格は、41万7900円(税込)となっている。

 今回の新バージョンでは、活字/手書き文字/バーコード/QRコード/チェックマークといった様々な文字種を認識でき、認識結果はExcelやCSVファイルで活用することができる。カラーOCRソフト「読取革命Ver.11」で使用されているパナソニックの日本語活字OCRエンジンを搭載しており、FAX文書などのかすれた文字も認識でき、手書き文字の認識率も向上している。

 “一括認識”機能により、照合するフォーマットや、画像入力方法、保存/転送方法など、詳細な認識方法をあらかじめ登録しておくと、帳票の種類を選択することで適切な設定で認識が行なわれ、保存/転送までが自動処理される。フォーマットごとの文字認識処理が不要なため、複数タイプの帳票をまとめて自動認識することができる。


出荷日・発売日 2007年6月18日 発売
価格 41万7900円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

e-文書法対応で業務を効率化、「紙ベースの作業」から脱却する方法とは? 【PFU】 e-文書法対応でコスト削減と効率化、働き方改革を実現する方法 【PFU】 帳票電子活用ソリューション SVF PDF Archiver 【ウイングアーク1st】 帳票管理ソリューション XC-Gate 【ソフトバンク コマース&サービス】 帳票公開ソリューション「快速サーチャーGX」 【インテック】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
e-文書法対応で業務を効率化、「紙ベースの作業」から脱却する方法とは? 業務書類の電子保存を認めるe-文書法。改正で導入メリットは増えたが、対応へのハードルが高いと感じる企業が多いようだ。e-文書法対応の実例と法対応の要点を識者に聞く。 帳票の安全で効率的な保管・管理する帳票電子活用ソリューション。電子帳票ツールやドキュメント管理ツールでは対応が難しいPDF帳票の管理と検索ニーズに対応。 Excelシートをタブレット端末で閲覧・入力できるようにする報告書・チェックシート作成効率化ツール。 社内だけでなく社外へもセキュアな環境で帳票公開を実現。日々の問い合わせ業務や顧客向けの帳票公開業務、契約書管理業務など様々なシーンで利用可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018815


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ