エプソン販売、セキュアな印刷環境のための管理ソフトなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン販売、セキュアな印刷環境のための管理ソフトなどを発売


掲載日:2007/06/15


News

 エプソン販売株式会社は、オフィスのセキュアな印刷環境のための印刷管理ソフトウェア「Offirio SynergyWare PrintDirector」を、8月上旬より発売する。Active Directory連携の認証印刷を可能とする「Offirio SynergyWare 認証プロキシ」も、7月下旬より発売する。価格は、各15万円となっている。

 「Offirio SynergyWare PrintDirector」は、オフィスに配置されたプリンタの消耗品状況やユーザごとの印刷枚数の“見える化”に加え、いつ/誰が/何を印刷したかを印刷履歴として管理できるソフトウェア。複数の同社「オフィリオ」プリンタ/複合機をネットワーク上で一元管理し、プリンタ利用者からの印刷ログを自動収集することができる。印刷枚数の集計表をグラフ化してレポートでき、用紙サイズやカラー/モノクロの印刷比率などを容易に把握することができる。また、ユーザごと/グループごとに印刷枚数の上限値を設定でき、設定された期間と上限値を超えたユーザに対しては警告と同時に停止も可能となっている。

 「Offirio SynergyWare認証プロキシ」は、Active Directoryで社員情報を一元管理している企業システムと認証印刷を連携させるシステム。認証印刷時のIDとActive Directoryに登録されたIDを照合してから印刷させるため、オフィスの認証システムと連携したセキュアな印刷環境を構築することができる。ログイン情報と認証印刷時のIDが異なる場合のID変換DB機能が提供されるほか、Active Directory情報とローカルDB情報を組み合わせて認証条件を設定することができる。

 また同社は、認証印刷用デバイスとして、株式会社日立情報制御ソリューションズ製の「卓上型指静脈認証装置」と「指静脈パターン登録用ソフトウェア」も、8月上旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。指静脈パターンを使用した生体認証による容易でセキュアな印刷環境が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 NeoFace Monitor 【NEC】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018801


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ